Flashライブラリパッケージ :: hikatsuka.swf

FlashによるWEBアプリケーション開発支援ライブラリパッケージ :: hikatsuka.swf

はじめに

フラッシュは、基本的にフレームのモーショントゥイーンを利用してアニメーションを生成します。

しかし、細かいアニメーションやスクリプト制御が絡むインターフェイスコンテンツなどを制作する場合、オブジェクトのシンボルの階層やアニメーション制御などが非常に複雑になってしまう場合があります。

そこで、モーショントゥイーンを使わずともスクリプトで簡単にアニメーション出来ないか?
そう思ったことをきっかけに生まれたのが、「hikatsuka.swf」です。

使い方は非常に簡単で、「hikatsuka.swf」をフラッシュファイルに読むだけでオブジェクトのアニメーションがもっと楽にもっと簡単に扱うことができます。同時に、様々な実用的な機能も追加していますので、是非ご活用してもらえれば幸いです。

ページの先頭へ

利用規約

「hikatsuka.swf」をダウンロードした場合、下記に同意したものとみなします。

  • 「hikatsuka.swf」は、商用・非商用に関わらずフリー(使用権無償)ソフトウェアとして利用できます。
  • 再配布・転載は禁止します。
  • スクリプトの著作権は、私、「ヒカルツカサ」 に帰属します。
  • 環境やFLASHの構成によっては、演算処理の遅れが目立つ場合もあります。
  • 強制ではありませんが、利用者はこのページへリンクを張ってくれると嬉しいです。
  • 「hikatsuka.swf」を利用したことによる、いかなるトラブルや損害などが発生しても、こちらでは一切の責任を負いません。予めご了承ください。
ページの先頭へ

ダウンロード

最新バージョン v0.18

hikatsuka.swf (164K)

このライブラリは2005~2008年頃に自作のモーションライブラリとして活用していたものを公開していました。しかし、現在「tweener」や「Fuse Kit」などの多機能で優秀なライブラリが公開されてきたため、これらのライブラリを利用することをお勧めします。

関連SWFファイルは、Flash Player 7 以上の書き出しを推奨します。
(ただし一部の機能は Flash Player 8 で動作するものもあります)

Action Script 3.0 には対応していません。

※サンプルファイルのFLAファイルは、Flash MX 2004 ドキュメント。

※関連SWFファイルが、Flash Player 6 以下で書き出した場合は「_level1.」などのパスの記述が必要になります。動作しない処理もあるかもしれませんの予めご了承ください。

ページの先頭へ

使用方法(準備)

「hikatsuka.swf」の使用方法(準備)はとても簡単です。これから、あなたが作ろうとしているフラッシュのFLAファイルに、ダウンロードしたSWFファイルを読み込むだけです。

FLAファイルの1フレーム目に記述 (hikatsuka.swfファイルを読み込む)
※赤字部分を環境に合わせて変更します。


stop();
var usedLevel = n ;
this.onEnterFrame = function() {
  if ( eval("_level"+usedLevel).getBytesLoaded() != 0 && eval("_level"+usedLevel).getBytesLoaded() != null ) {
    if ( eval("_level"+usedLevel).getBytesLoaded() >= eval("_level"+usedLevel).getBytesTotal() ) {
      delete this.onEnterFrame;
      play();
    }
  }
}
loadMovieNum("hikatsuka.swf", usedLevel);

n :「hikatsuka.swf」を読み込む任意のレベル数を記述してください。(1以上の数値)
例) 「1」と記述した場合は、「_level1」にhikatsuka.swfが読み込まれます。

"hikatsuka.swf" :FLAファイルとhikatsuka.swfが同じフォルダにある時は変更の必要はありません。
「hikatsuka.swf」のファイル名を変更したり、読み込みパスが必要な時はそれぞれ任意の設定に変えてください。

ページの先頭へ

使用方法(メソッドの種類)

「hikatsuka.swf」をフラッシュに読み込むことで、実用的なメソッドを使用することができます。
メソッドを使用する場合は、必ず「_level」のパスを通します。「hikatsuka.swf」をレベル1に読み込んでいる場合は「_level1.hikatsuka...」となります。レベル2に読み込んだ場合は「_level2.hikatsuka...」。
※v0.13よりメソッドはグローバル化しました。(上記のようにレベル指定した場合も正常に動作します。)

それぞれのメソッドの詳細説明は各リンク先で解説しています。また、サンプルファイルも多数ご用意していますので、あわせて活用してください。

※Flash Player 6以下で書き出した場合は「_level1.」などのパスの記述が必要になります。

トゥイーン系メソッド

プロパティトゥイーン

  • hikatsukaMotionSingle
    └ムービークリップを指定のプロパティの値までアニメーションします(単独動作バージョン)。
  • hikatsukaMotionSingleDelete
    └「hikatsukaMotionSingle」のキャンセル処理。

カラートゥイーン

ブラートゥイーン (Flash Player 8 以上)

慣性の動き(収束する動き)

ブリンク(点滅)アニメーション

ボタン制御系メソッド

ロールオーバーテキスト

画面上の全てのボタン機能を停止・再開

テキスト系メソッド

テキストフィールドにタイポグラフィ表示

テキストの検索置換

計算系メソッド

一定のルールに基づいた整列座標を返す

重複しないランダムリスト取得

ページの先頭へ

サポート

⇒お問い合わせ
ご意見、ご感想、ご要望などを気軽に申し出てください。

ページの先頭へ

履歴

2008/03/22 ver.0.18
「hikatsukaMotionInertia」「hikatsukaMotionInertiaS」の終了時の処理を最適化
その他、細かい部分の最適化

2007/09/10 ver.0.17
「hikatsukaMotionParallel」を追加
「hikatsukaMotionParallelDelete」を追加
「hikatsukaInfoTextShow」のテキスト表示時の最適化
「hikatsukaAllButtonStopDelete」のバグを修正
その他、細かい部分の最適化

2007/04/20 ver.0.16
hikatsukaAllButtonStopDeleteのバグを修正。

2006/08/16 ver.0.14
トゥイーン系メソッドにキャンセル処理を追加。

2006/05/19 ver.0.13
全メソッドをグローバル化。
他、最適化処理など。
【ロールオーバーテキスト機能】:フォントサイズ・行間を設定変更可能に。
【ロールオーバーテキスト機能】:文字が0文字だったりnullであれば表示しない処理。
【整列座標】:戻り値の変数を変更
【新規メソッド】:明度によるブリンク機能を追加
【新規メソッド】:テキストの検索置換機能を追加
【新規メソッド】:重複しないランダムリスト取得機能を追加

ver.0.11
細部の処理の最適化

ver.0.10
バグ修正

ver.0.08
イージング処理を最適化、イージングの種類も追加
モーション系メソッドの追加。
ボタン制御系・計算系・テキスト系メソッドを追加

ver.0.06
内部処理を変更

ver.0.05
インフォテキストの表示機能を追加

ver.0.04
バグ修正
ムービークリップのプロパティをまとめて制御できるように変更

ver.0.01
ムービークリップのモーション機能を追加

ページの先頭へ